Close
2017.10.17 [更新/お知らせ]
【TIFFマスタークラス】河瀨直美監督スペシャルトークイベント 特別上映作品『東の狼』の特別パネル展開催決定!

10/28(土)に開催する、「TIFF マスタークラス」河瀨直美監督スペシャルトークイベント内において特別上映いたします『東の狼』(監督:カルロス・M・キンテラ)。その特別パネル展を隣接の会場にて開催することとなりました。
 

この『東の狼』は、河瀨直美監督がエグゼクティブディレクターを務める、なら国際映画祭の事業のひとつである映画制作プロジェクトNARAtiveにて制作された映画です。NARAtiveでは、世界の若手映画監督を招き、奈良県を舞台として映画を制作し、奈良の魅力を国内外に発信しています。『東の狼』では、奈良県東吉野村をメインロケ地として撮影が行われました。特別パネル展では、メイキングも含め、より近くで『東の狼』の魅力を感じて頂けます。   kawase_naomi2016 photographed by LESLIE KEE

photographed by LESLIE KEE

 
『東の狼』特別パネル展
日時:2017年10/28(土)12:00~18:30(予定)
会場:六本木アカデミーヒルズ49Fタワーホール
入場:無料 ※受付にて芳名帳にご記帳をお願いいたします。
 
『東の狼』
東の狼メイン画像

©なら国際映画祭 & セブンシスターズフィルムズ

 
かつて船乗りとして世界を旅したアキラは今、奈良県東吉野村で猟師会の会長を務めている。彼は100年以上前にこの地で絶滅したとされる幻のニホンオオカミに執着していた。独断でオオカミ捕獲に向け、猟師会の資金を使い込んだため会長職引退を宣告される。仕事も仲間も失ってしまったアキラは孤独の中で、船乗り時代に訪れた”キューバ”で恋に落ちた女性への想いや、オオカミへの想いを拗らせていた。彼の妄想は吉野の森のごとく果てしなく広がり、やがて「オオカミは東吉野の魂や」と、取り憑かれたようにニホンオオカミを求め森深くへと入り込んでいくのだった。
 
監督:カルロス・M・キンテラ
出演:藤 竜也、大西信満、小堀正博 ほか
日本・イギリス・スイス / 2017 / 79分 / カラー / HD
脚本:カルロス・M・キンテラ、アベル・アルコス / 撮影:山崎 裕
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
 
※当作品は、10/28(土)開催のTIFFマスタークラス「河瀨直美監督スペシャルトークイベント」で上映予定です(トークイベントは既に満席となっております)。

新着ニュース
オフィシャルパートナー