Close
2017.10.03 [イベントレポート]
Japan Now部門 <河瀨直美監督> 記者会見レポート

10/25(水)~11/3(金・祝)の10日間で行われる第30回東京国際映画祭では、今、一番海外に発信したい監督にスポットを当てる「Japan Now」部門の一作品として、今年、カンヌ国際映画祭でエキュメニカル賞を受賞した河瀨直美監督作品を上映することになりました。本日は、日本外国特派員協会(FCCJ)にて行われた「Japan Now部門」の記者会見に、河瀨監督をお招きし、Japan Now部門に寄せる期待や、の上映にあたっての意気込みを語っていただきました。
 
河瀨監督

©2017 TIFF

 
久松猛朗フェスティバル・ディレクターより、30回を迎える本映画祭の注目企画の紹介、また、本部門プログラミング・アドバイザー 安藤紘平からは今年の特集企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」の4人の女優それぞれの魅力に関して、さらに部門全15作品のラインナップにおける監督や作品に対する想いを語りました。また、上映後のQ&Aに参加する多くのゲストを発表いたしました。
第30回東京国際映画祭では開催期間中、200以上もの映画が上映され、世界中から訪れた著名なゲストが多数登場し、Q&Aやシンポジウムが開催されるなど、東京国際映画祭ならではのイベントが目白押しです。
 
■日時:10/3(火)17:00~
■会場:公益社団法人 日本外国特派員協会(FCCJ)
■登壇者:河瀨直美監督(Japan Now部門出品『』監督)、久松猛朗(東京国際映画祭 フェスティバル・ディレクター)、安藤紘平(「Japan Now」部門プログラミング・アドバイザー)

 
FCCJ会見

©2017 TIFF

 


 
【フェスティバル・ディレクター 久松猛朗コメント】
今年は30回の記念の開催を迎え、より多様で多彩な充実したプログラムができたのではないかと思います。そんな記念すべき映画祭の中で、日本の映画を海外へ発信していくという非常に重要なミッションを担う「Japan Now」部門は3年目を迎えました。
河瀨直美監督の『』をはじめとして、今年の賞レースを占う作品が揃ったと思っております。
また、これまでの2回は監督特集を実施してまいりましたが、今年は、「Japan Now 銀幕のミューズたち」とし、蒼井優さん、安藤サクラさん、満島ひかりさん、宮﨑あおいさんのの4名の女優にフューチャーしました。
 
【安藤紘平 プログラミング・アドバイザー コメント】
先ほど久松よりご説明させていただきましたが、今年は、日本映画を牽引する4人の女優の最新作やターニングポイントとなった 2本の作品を上映します。
4人の女優さんそれぞれが非常に素晴らしい個性をお持ちで、安藤サクラさんは、圧倒的な個性と変幻自在な演技力を楽しめると思います。
蒼井優さんは、周りにいそうな親近感と高嶺の花のようなストイックさのギャップに魅力のある女優さんです。
満島ひかりさんは、ちょっとした仕草や微妙な表情がセリフを超えた素晴らしい感情や心情を一瞬で伝える演技力に注目してください。
宮﨑あおいさんは、キラキラした無垢で愛らしい笑顔から、うちに秘めた悲しみをこれほど鮮烈に表現できるのは彼女しかいないのではないかと思います。4人の女優特集の他、7本の作品を上映をいたします。
その中でも、河瀨直美監督の『光』は、“失うことの美しさ”や“消えていくことの美学”ということを表現しつつも、映画という表現するものの本質までも語っています。日本の誇るべき素晴らしい監督であると感じます。
 
(司会コメント)
日本の女優4人をフィーチャーするだけでなく、日本の女性監督の作品も4作品ピックアップされていることも素晴らしいことだと思います。
 
Q.『光』の上映とマスタークラスにもご登壇いただきますが、どのようなお話やどういったことを実施するのか?
また、次世代を育てていくことに対する考えをお聞かせください。
 
【河瀨直美監督 コメント】
この度は東京国際映画祭、第30回開催おめでとうございます。
映画祭を30回も続けていくことはとても大変なことだと、私もなら国際映画祭をやっているのですごいなと素直に思います。
映画祭は、たくさんの人が集まるのでとても混乱はしますが、混乱は人生に似ていて映画作りにも似ているな、と感じます。壁があるからこそ乗り越えるというそういう場でもあると思います。様々な国の人が自分たちの映画をもち持って、ひとつの場所に集まり、ある期間に出会うことができる。そして自分の国に戻り、また戻ってくるということが、地球が循環していく中のひとつに映画祭はあるのかな、と思います。
また映画祭は、自分が映画を作るモチベーションにもなります。カンヌ国際映画祭を始め、沢山の映画が文化の違いを超えてコミュニケーションをしていくという場なのかなと思います。
(本映画祭で自身が登壇をする)マスタークラスでは、私自身、生きていることと映画を作ることを切り離して考えられていないので、プライベートな部分と映画を作る部分をどのようにして融合していっているのかの具体例を出して話していけたらと思います。
なら国際映画祭では、新しい人と一緒にプロデューサーとして映画を作っており、今、まさにイラン人の女性監督が映画を撮っている最中なのですが、そういったように一緒に(映画を)作るワークショップのようなものをやっていけたら考えています。
 


 
マスコミの皆様からの質疑応答
●河瀨監督への質問
Q.これまでの東京国際映画祭を見てきて、どんな印象をお持ちだったからを率直に伺いたいです。
A.あらゆる映画祭がある中でも日本を代表する東京国際映画祭には少し距離があると感じていたし、手の届かない存在だと思っていました。私が奈良に住んでいるので、遠い存在と感じてしまっていたのかもしれません。
しかし、今回、参加させていただき、プログラムを聞かせてもらうと少し距離感が近づいているのかなと思っています。
私自身、映画祭というのは過去、山形国際ドキュメンタリー映画祭に参加して、映画祭の凄さを実感しました。
映画館を出てからも映画談義を立ち話でしている光景を見て、“生きること”と“映画を見ること”は地続きなのかなと感じました。
 


 
Japan-Now_guest_lineup

新着ニュース
オフィシャルパートナー