Close
2017.11.12 [インタビュー]
『ハンナ・アーレント』と同じスタッフで『おかしな二人』の女性版コメディを目指すーー『さようなら、ニック』
さようなら、ニック
©2017 TIFF
eiga.com

東京国際映画祭公式インタビュー 2017年11月1日
コンペティション部門『さようなら、ニック
ベッティーナ・ブロケンバー(プロデューサー)、フレドリック・ワーグナー(俳優)

モデルからデザイナーに転身を図る女性の前に、姿を消した夫の前妻が現われて家に居座ってしまう。性格も習慣も異なるふたりは何かと反目しあい、互いを認め合うことができないが…。華やかなニューヨークのマンションを舞台に、ふたりの女性のユーモアとペーソスに溢れた戦いが描かれる。『ハンナ・アーレント』で再評価された監督マルガレーテ・フォン・トロッタが初めて挑んだ、大人の女性の成長を描いたコメディ。

――プロデューサーとしてこの作品に関わったきっかけから伺います。

ベッティーナ・ブロケンバー(以下、ブロケンバー):まず『ハンナ・アーレント』の映画を作りたいと思っていました。そうしたらマルガレーテ・フォン・トロッタが『ハンナ~』の映画の準備をしていると聞きました。私の出る幕はないと思っていたら、彼女の方から会う機会を設けてくれたのです。その時は哲学的な話で盛り上がり、『ハンナ~』の映画を一緒に製作することになったのです。それから8年間かかりました。脚本をつくり、資金を集めて製作に臨む。知的でチャレンジングで、とてもタフな時間でした。
さようなら、ニック

――その経験がこの作品に繋がったのですね。

ブロケンバー:脚本家のパメラ・カッツが『ハンナ・アーレント』の成功に力を得て、同じスタッフで新作を生み出したいと言い出したのです。マルガレーテは「コメディをやりたい」といい、女性版の『おかしな二人』というパメラのアイデアが採用されました。ジャック・レモンとウォルター・マッソー競演の『おかしな二人」が、彼女は大好きだったのです。『ハンナ・アーレント』ではできなかった、ニューヨークのロケをこの作品で果たすことができました。

――ニューヨークの魅力にあふれていますね。

ブロケンバー:私はニューヨーカーではありませんが、ニューヨークだったら信じられる設定は確かにあります。街としてすごく国際色豊かで、アメリカ人に完全になりきっている人もいれば、自分のカルチャー、文化を守っている人もいます。自分の個性を大切にする女性たちにはふさわしい場所でしょう。

――今度はキャスティングの話を伺います。どのように選ばれたのですか?

ブロケンバー:カッチャ・リーマンは、マルガレーテと何度も仕事をしています。もうひとりのヒロインは、どこか脆さを秘めた美人のイメージで、イングリッド・ボルゾ・ベルダルを起用しました。夫の好みがヨーロッパの美人という設定なので、彼女はぴったりでした。カッチャはドイツでビックスターなので、プロデューサーとしては資金集めも容易でした。

自分が観たい映画を製作し、ベストを尽くす

――フレドリック・ワーグナーさんもオーディションを受けられたのですか?

フレドリック・ワーグナー:ベルリン国際映画祭で、キャスティングディレクターと会って1年後、ケルンでマルガレーテと会うように言われました。ヒロインの助手の役で、オーディションの覚悟をしていたら、ただ話をしただけで決まりました。
さようなら、ニック

ブロケンバー:彼女はオーディションという形はとりません。俳優の過去の作品を全部観たうえで、2~3時間程の話をして決めます。
さようなら、ニック

――プロデューサーとして、この作品のみならず、たくさんの作品を手掛けていると思いますが、どういう観点でプロデュース作品を選んでいるのですか。

ブロケンバー:とてもシンプルです。私が観たい映画を、手伝うということです。映画は監督のものなのです。今回の東京国際映画祭には、私がプロデュースしたセミフ・カプランオール監督作『グレイン』も出品されました。彼の過去の三部作を私が手がけていたので、その流れで引き受けました。私の手掛けてきた作品はラース・フォン・トリアーの作品をはじめ、非常に政治的で、難しい内容のものが多いのです。私が観たい映画を作りたいのです。私は監督の産婆だと思っています。すばらしい赤ん坊を生み出すべく、資金も集め、戦いぬいて、監督が仕事に集中できるような環境を作り、誠心誠意尽くします。

――最初からプロデューサー志望だったのでしょうか?

ブロケンバー:ええ、毎日、映画館にいても飽きないくらい、映画が大好きなのです。仕切ること、組織化することが好きなのも、プロデューサー向きですね。『風とともに去りぬ』のプロデューサー、デビッド・O・セルズニックが書いた本を読んで、プロデューサーが私にとって完璧な仕事だと思いました。

(取材/構成 稲田成人 日本映画ペンクラブ)
新着ニュース
オフィシャルパートナー