Close
2017.10.29 [イベントレポート]
リリー・フランキー、『美しい星』Q&Aに「近所にいて」飛び入りもボヤキ連発
「美しい星」

eiga.com

 第30回東京国際映画祭で最新の日本映画を紹介する「Japan Now」部門で10月28日、「美しい星」がTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、吉田大八監督が終映後にQ&Aを行った。「近所にいないかなと思って連絡したら捕まった」という主演のリリー・フランキーが飛び入り。だが、歓声を上げる観客に「あまりに舞台挨拶が多すぎて、もう出がらし感しかないよ」といきなり毒舌を放った。

 三島由紀夫が1962年に発表したSF小説が原作で、リリーは宇宙人として覚醒する一家の長という役どころ。宇宙船の窓から地球の家族を見下ろすラストシーンでは、「なんか涙が出てきたんですよね。そうしたら監督が来て『泣かないでください』って。けっこういいシーンだと思ったのに、普通の監督のようにいい話にしない。潔いというか、この人にしか分からない映画を撮っている」と独特の見解を示した。

 吉田監督は、「正直、そんなに覚えていない」と苦笑い。それでも、原作では家族が宇宙船を見上げている描写だったが、「小説が出た当時はUFOのイメージがなかったが、今は視覚的に消費しすぎていて何を出そうと陳腐になってしまう。自分の中で限界を感じてしまうので、思いついて良かった」と、設定としての逆転の発想が奏功したと主張した。

 さらに、主人公の職業を気象予報士にしたことについても「原作では違っていたけれど、世の中に訴える手段を持っているから」と説明。リリーは「常に空を見ているから、職をつけてもらってやりやすくなった。いいアレンジだった」と称えた。

 だが、「火星探査機を見上げるシーンで、『古里を思い出して泣いてください』と言われた。年をとっていろいろと泣けるようになったけれど、さすが涙は出なかった」とぼやき節。目薬を差すことで対処しようとしたが「それなら泣かなくていい」とあっさり却下されたそうで、「泣かないと帰れないと思ったら、涙が出てきた」と明かしていた。

 第30回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。
オフィシャルパートナー