2017.03.10 [更新/お知らせ]
第30回東京国際映画祭 
久松猛朗フェスティバル・ディレクター就任のお知らせ
久松猛朗フェスティバル・ディレクター就任

久松猛朗フェスティバル・ディレクター就任公益財団法人ユニジャパン(代表理事:迫本淳一 松竹株式会社代表取締役社長)は2017年3月10日(金)に理事会を開催し、元ワーナーブラザース映画副代表であり、松竹株式会社で常務取締役等を務めた久松猛朗(ひさまつ たけお)を、第30回東京国際映画祭のフェスティバル・ディレクターとして承認しましたので、お知らせいたします。
 
なお、椎名保(第29回東京国際映画祭/TIFFCOMディレクター・ジェネラル)は、引き続きユニジャパン副理事長の立場で、TIFFCOMの代表CEOを務めます。
 
第30回東京国際映画祭は2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)の10日間、六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)をメイン会場に開催いたします。新体制のもと、第30回という節目の年を迎えるに相応しい映画祭を実現すべくスタッフ一同努めてまいります。
 


 
久松猛朗フェスティバル・ディレクター就任のご挨拶

 
この度、東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターに就任いたしました久松猛朗です。
 
これまでチェアマン、ディレクター・ジェネラル、そして今回はフェスティバル・ディレクターと呼称は変わってきましたが、錚々たる方々が担ってこられた重責を引き継がせて頂くことは、大変光栄なことと感じますと同時に、身の引き締まる思いでもあります。
 
1978年に松竹株式会社に入社以来、劇場勤務、宣伝、番組編成、海外劇場支配人、洋画配給、邦画配給、洋画買付、邦画製作など様々な業務を経験しながら、約40年に渡り多面的な視点から映画を学んできました。同時に、映画に関わる色々な職種の方々と出会い、映画に対する考え方や価値観が多様であることを肌で感じてもきました。
 
実際、映画の世界は実に多様です。日本の映画と世界の国々・地域の映画、作家性の強い映画と娯楽色の強い映画、シリアスドラマからコメディやアニメまでバラエティ豊かなジャンル、普遍的な或いは時代や地域を反映する様々なテーマ。その多様で多彩で豊かな映画の魅力を幅広く紹介し、映画祭を通じて多くの人たちと「映画を観る喜び」「映画を観る楽しさ」を共有していければと思います。
 
今回、東京国際映画祭は第30回という節目の開催となります。これまで東京国際映画祭に参加して頂いた皆様や、支えて頂いた方々への感謝の気持ちを込めて、これまで29回の歴史を彩ってきた作品やゲストを振り返りつつ、これから映画祭が進んで行くべき方向性、ビジョンを明確にし、そこに向かって一歩を踏み出す年にしたいと思っています。
 
映画祭には多くの方々が関わられていて、それぞれの立場から様々な期待が寄せられていますが、それらは全て「映画文化と映像産業の発展」という大きなミッションへの貢献というベクトルに収斂されていくものであると確信しています。
 
その大きなミッションへの貢献に向けて、同時に開催されますTIFFCOMとも緊密に連携を図りながら、スタッフと共に全力で取り組んでいく所存です。何卒、より一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。
 

第30回東京国際映画祭 フェスティバル・ディレクター 久松猛朗

 


 
<久松猛朗 略歴>
 
1954年山口県下関市生まれ。78年松竹株式会社に入社。宣伝プロデューサー、映画興行部・番組編成担当等の勤務を経て86年 にアメリカ松竹「リトル東京シネマ」の支配人となる。89年 に東京へ戻り、興行部次長に就任。94年タイムワーナーエンターティメントジャパン株式会社に入社し、ワーナーブラザース映画の営業本部長となる。その後、松竹株式会社に再入社し、2001年取締役映画部門&映像企画部門を担当。03年に常務取締役に就任する。06年株式会社衛星劇場 代表取締役社長を経て、10年ワーナーエンターティメント・ジャパン株式会社に再入社。ワーナーブラザース映画 副代表となる。現在はマイウェイムービーズ合同会社 代表。