Close
2017.10.28 [イベントレポート]
『Mr. Long/ミスター・ロン』SABU監督、主演チャン・チェンのスター性を絶賛「スタッフも惚れていた」
640.jpg
 
eiga.com

   第30回東京国際映画祭の特別招待作品である『Mr. Long/ミスター・ロン』の上映を記念し10月27日、主演のチャン・チェンとSABU監督が、同映画祭の会場である東京・六本木ヒルズアリーナでQ&Aを行った。

 映画は、台湾の腕利きの殺し屋ロン(チャン)が、偶然出会った母子らとの交流を通して、人間らしさを取り戻していくさまを描いた。日本での任務に失敗したロンは、北関東のある村に逃げ込み、心を閉ざした少年ジュンと台湾人の母リリー、そして少し変わった村人たちと出会う。成り行きで始めた牛肉麺の屋台が人気店となり、ロンの心はほぐされていくが、すぐそこにヤクザの手が迫っていた。

 SABU監督は、2005年にモントリオール映画祭で出会い友人になったというチャンについて「気持ちもすごく男前で格好良くて、スタッフも皆(チャンに)惚れていた」と話し、「(撮影の)準備をして現場に登場すると、皆さん『おお~!』となっていました。撮りがいのある、絵になる方です」とそのスター性を絶賛した。一方のチャンも「ずっとSABU監督のファンでした」と語り、「SABU監督の作品はほぼ全部見ていて、僕のオールタイムベストの上位にきている作品もあります。監督とお会いしたときに、もっとよく知りたいと思って話しかけて友人になりました」と相思相愛ぶりを明かした。

 また、自身の国際映画祭デビューが、15歳のときに「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」(1991年)で参加した東京国際映画祭であることから、「東京は僕にとってとても印象深い街」と感慨深げ。今回も日本の製作スタッフとの仕事を楽しんだようで、「日本の映画のクルーはとてもプロフェッショナルで、態度も良く、学ぶべきところがたくさんありました。映画というのは、そういうスタッフの努力によって完成するもの。この場を借りて、スタッフの皆さんに感謝を申し上げたいと思います」とスピーチすると、会場はあたたかな拍手に包まれていた。

 「ミスター・ロン」は、12月16日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。第30回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。
オフィシャルパートナー