2017.09.12 [イベント&キャンペーン]
9/30(土)、10/1(日)第30回東京国際映画祭 プレイベント上映会開催!抽選で合計400名様をご招待!

Kissポート財団・東京国際映画祭共催企画
第30回東京国際映画祭 プレイベント上映会を9月30日(土)、10月1日(日)に開催します。
プレイベント
 
各回50組100名、計400名様をご招待!
【プレイベント詳細】
開催日時・上映作品:
(1)2017年9/30(土):開場12:30/開演13:00
神様の思し召し
第28回(2015)東京国際映画祭コンペティション部門観客賞受賞作品
 
(2)2017年9/30(土):開場15:30/開演16:00
マダム・フローレンス!夢見るふたり
第29回(2016)東京国際映画祭オープニング作品
 
(3)2017年10/1(日):開場12:30/開演13:00
アジア・オムニバス映画製作シリーズ
アジア三面鏡2016:リフレクションズ
 
(4)2017年10/1(日):開場15:30/開演16:00
聖(さとし)の青春
第29回(2016)東京国際映画祭クロージング上映作品
 
会場:赤坂区民センターホール(港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティプラザ3F)
アクセス:www.akasaka-civiccenter.jp
 
応募締切
2017年9月20日(水)15:00まで

 
ご応募は
PCから
 
スマホから
 
※応募フォームは外部リンクとなります。
※一つのメールアドレスにつき一回のご応募となります。あらかじめご了承ください。
※当選の発表は招待メールを当選者様のみにお送りいたします。受信設定をされている方は @tiff-jp.net からのメールを受信できるように設定をされてからのご応募をお願いします。
※当選メールが届かない場合は残念ながらご参加いただけませんのでご了承ください。
※当選に関する質問は一切お受けすることができません。
※ご入力いただいた個人情報は、映画祭事務局にて厳重に管理し、招待メールの配信、および映画祭における統計調査の目的に使用させていただきます。

 
上映作品
(1) 9/30(土)開場12:30/開演13:00
神様の思し召し』(イタリア) “God Willing
第28回東京国際映画祭 コンペティション部門 観客賞受賞作品
神様の思し召し

©2015 Wildside

2015年の東京国際映画祭で最も客席を沸かせ、観客賞の栄光に輝いたのが、本作『神様の思し召し』。主人公は、目に見えるものだけを信じる医師と、見えないものこそ信じる神父。神に心臓病は治せないし、医師に人生は治せない。真逆の立場で人を救ってきたふたりが出会って見つけた、人生の宝ものとは─? 2011年の同映画祭で大喝采を浴び、のちに劇場公開されてスーパーヒットを記録した『最強のふたり』を彷彿とさせる笑いと涙と感動が、今度はワインとピッツァとアモーレの国イタリアを舞台によみがえる!
監督・脚本:エドアルド・ファルコーネ
出演:マルコ・ジャッリーニ、アレッサンドロ・ガスマン、ラウラ・モランテ
88分 2015年イタリア 配給:ギャガ
公式サイト:gaga.ne.jp/oboshimeshi
—————
(2) 9/30(土)開場15:30/開演16:00
マダム・フローレンス!夢見るふたり』(イギリス) “Florence Foster Jenkins
第28回東京国際映画祭 オープニング作品
マダム・フローレンス!夢見るふたり

©2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved.

名女優のメリル・ストリープが、音痴のソプラノ歌手として知られる実在の人物フローレンス・フォスター・ジェンキンスに扮し、1944年、音楽の殿堂カーネギーホールで行われ、伝説として今なお語り継がれるフローレンスの公演を題材に描いたドラマ。ニューヨークの社交界で名の知られたマダム・フローレンスは、ソプラノ歌手になる夢を追い続けていたが、自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。夫のシンクレアは、愛する妻に夢を見続けさせるため、マスコミを買収して信奉者だけを集め、小さなリサイタルを開催するなどしていたが、ある日、フローレンスがカーネギーホールで歌うと言い出して……。夫シンクレア役にヒュー・グラント。監督は、「クィーン」「あなたを抱きしめる日まで」のスティーブン・フリアーズ。
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ
111分 2016年 イギリス | 配給:ギャガ
公式サイト:gaga.ne.jp/florence
—————
(3) 10/1(土)開場12:30/開演13:00
アジア三面鏡2016:リフレクションズ』 “The Asian Omnibus Film Series Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections
第29回東京国際映画祭上映作品
アジア三面鏡2016:リフレクションズ

©2016 The Japan Foundation, All Rights Reseved.

アジア・オムニバス映画製作シリーズアジアの気鋭監督3名が「アジアで共に生きる」をテーマにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト。様々な国のスタッフ・キャストが結集し、それぞれの時代と文化を反響させ、新しい光を生み出すシリーズ第1弾。
監督:ブリランテ・メンドーサ、行定勲、ソト・クォーリーカー
出演:ルー・ヴェローソ、津川雅彦、シャリファ・アマニ、
   永瀬正敏、加藤雅也、チュムヴァン・ソダチヴィー
118分 2016年 日本
製作:国際交流基金アジアセンター/ユニジャパン(東京国際映画祭)
作品ページ(第28回東京国際映画祭):2016.tiff-jp.net
—————
(4) 10/1(日)開場15:30/開演16:00
聖(さとし)の青春』(日本) “Satoshi: A Move for Tomorrow
第28回東京国際映画祭 クロージング作品
智の青春

©2016「聖の青春」製作委員会

100年にひとりと言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖。病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバるたちとの友情を通して描く奇跡の実話。監督:森 義隆 脚本:向井康介
出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、リリー・フランキー、竹下景子
124分 日本 配給:KADOKAWA
公式サイト:satoshi-movie.jp

新着ニュース
2017.09.16 [更新/お知らせ]