Close
  • ミッドナイト・フィルム・フェス!
SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival
SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival  
監督:今泉力哉 | 小林達夫 | 佐津川愛美 | 竹内里紗 | 堤 裕介 | 二宮 健 | 前野朋哉 | 松本花奈 | 安川有果 | 渡辺大知
  • コメディ
ワールド・プレミア
予告編を見る作品画像に戻る
英語字幕なし
スケジュール/チケット
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN9
10/28 21:40- (本編-分) - 10/14(土)12:00
チケット発売開始
  • 舞台挨拶
松本花奈監督の登壇はキャンセルとなりました。何卒、ご了承ください。(10/26更新)
登壇ゲスト(予定):舞台挨拶:今泉力哉(監督)、小林達夫(監督)、佐津川愛美(監督)、竹内里紗(監督)、堤 裕介(監督)、二宮 健(監督)、前野朋哉(監督)、安川有果(監督)、渡辺大知(監督)
一律¥3500
学生割引、当日料金設定はありません。
販売終了
残席状況
:余裕あり :残りわずか
:チケット完売
※完売した上映であっても、状況により追加販売を行う可能性がございます。
価格は全て税込みです。
登壇ゲストはすべて予定です。変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
作品解説
新進気鋭の監督たちの饗宴、SHINPAが東京国際映画祭に参戦決定! 過去5回の開催で次々伝説を塗り替えるSHINPA。10人の若手監督、なんと全作撮りおろし初披露! 夜明けまで怒涛の狂演、朝まで眠らせない!

『赤青緑』
2017年 | 23分 カラー 日本語
監督:今泉力哉
出演:白水 恵
あらすじ:赤と青と緑を知らないこどもが赤と青と緑を知る話。
©市民プール

『It Girls: Anytime Smokin' Cigarette』
2017年 | 38分 カラー&モノクロ 日本語、中国語
監督:小林達夫
出演:泉 はる、中島 歩、miu
あらすじ:タバコの試供品を配る仕事をするリサとCK。カメラマンの京太郎が撮った写真をきっかけに、一方はメディアに取り上げられ忙しくなり、仲の良いふたりの関係は変化していく。

『SHE/LL』
2017年 | 14分 カラー 日本語
監督:佐津川愛美
出演:柴田菜々子
あらすじ:彼女は誰かに憧れ、誰かは彼女に憧れる。「殻」を破り一歩踏み出した時、彼女の世界は明るいのか。

『渦』
2017年 | 35分 カラー 日本語
監督:竹内里紗
出演:馬場清子、金井浩人、鈴木幸重
あらすじ:ある夜を境に、彼女は椅子を持ち歩く。大学を舞台に、デートレイプによって一変してしまった女性を描く短編映画。
©Risa Takeuchi

『ザ・パーフェクト・グレイ』
2017年 | 54分 カラー 日本語
監督:堤 裕介
出演:石川絢子、重田裕友樹、杉山恵里香
あらすじ:5年前に夫と子供を捨て姿を消したハルは、山奥のロッジで暮らす兄のアキオと、幼なじみでアキオの恋人のゆいと再会する。最初はぎこちない3人だったが、徐々に距離を縮めていき、過去に囚われて生きてきたハルも次第に心を開いていく。しかしある事件が起こり…
©Artificial Naked Woman

『LOCAL RULE』
2017年 | 36分 カラー 日本語
監督:二宮 健
出演:小村昌士、アベラヒデノブ、木村知貴、松本ファイター
あらすじ:男4人が6畳一間でシェアハウス。呑気な生活。そして、現れる女たち。多分、ファンタジー映画。
©ashtray arts

『ハルオ』
2017年 | 16分 カラー 日本語
監督:前野朋哉
出演:宇野祥平、片山友希、前野朋哉
あらすじ:布団屋でバイトする春夫は謎の女子高生と相撲を取ることに熱意を注いでいた。ある夏、クーラーの壊れた布団屋で女子高生と相撲を取る春夫は熱中症で倒れてしまう。

『過ぎて行け、延滞10代』
2017年 | 46分 カラー 日本語
監督:松本花奈
出演:堀 春菜、井之脇 海、松本まりか
あらすじ:脱ぎ捨てたままのバレエシューズ。お母さんの置いて行った赤い髪留め。ウサギのリンゴ。先生が好きな男の子。私は、すべてを愛していたのに――。過ぎて行け、私の10代。
©2017 Hana Matsumoto

『永遠の少女』
2017年 | 23分 カラー 日本語
監督:安川有果
出演:蒼波 純、萩原利久、澁谷麻美
あらすじ:大学生の隼人はふらふら歩く病衣姿の少女に道端で偶然出会う。15、6歳に見える少女は、見た目が歳を取らない病気で、実験の為に近くの病院に閉じ込められていたのだ、と隼人に告げる。。
©2017 Yuka Yasukawa

『SUMMER KIDS』
2017年 | 42分 カラー 日本語、英語
監督:渡辺大知
出演:高橋 悠、佐々木日向子、ヒロ・ハミルトン
あらすじ:ある夏の日の横須賀。ひと組の若いカップルのケンカから生まれた、いくつかの出会いと、ほんの少しの成長を描く。演技経験のほとんどない若者たちが魅せる、瑞々しい作品。

作品情報
監督 今泉力哉 | 小林達夫 | 佐津川愛美 | 竹内里紗 | 堤 裕介 | 二宮 健 | 前野朋哉 | 松本花奈 | 安川有果 | 渡辺大知

今泉力哉:『サッドティー』『知らない、ふたり』『退屈な日々にさようならを』で3度、東京国際映画祭に参加。4度目となる今年は本作と最新長編『パンとバスと2度目のハツコイ』の2作品が上映される。

小林達夫:『カントリーガール』『カサブランカの探偵』を監督。近作には長編時代劇『合葬』、渋谷のレコード店の減少をテーマにした短編『After Hours』がある。

佐津川愛美:2005年『蝉しぐれ』でスクリーンデビュー。その後、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)『ヒメアノ~ル』(15)『ユリゴコロ』(17)などに出演。本作で短編映画初監督。

竹内里紗:大学の卒業制作である『みちていく』が2014年に劇場公開となり長編デビュー。本作は、東京藝術大学大学院映像研究科卒業後、初の短編監督作となる。

堤 裕介:1991年東京生まれ。音楽家として様々な映像作品に楽曲を提供する傍ら、自らも映画監督して映像を制作する。

二宮 健:監督作品に『SLUM-POLIS』『MATSUMOTO TRIBE』『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ』など。

前野朋哉:俳優、監督として活動。監督、主演した『脚の生えたおたまじゃくし』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞とシネガー・アワード(批評家賞)を受賞。

松本花奈:1998年生まれ。これまでの作品に映画『脱脱脱脱17』『スクールアウトサイダー』、MV 『キスは待つしかないのでしょうか?』(HKT48)『大切な君へ』(井上苑子)など。

安川有果:長編デビュー作『Dressing Up』(13)を2015年に自己配給で劇場公開。第25回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞した。

渡辺大知:東京造形大学映画専攻卒業。ロックバンド・黒猫チェルシーのボーカル、俳優。2015年、大学の卒業制作である映画『モーターズ』が全国で劇場公開される。

スタッフ 『赤青緑』:監督:今泉力哉

『It Girls: Anytime Smokin' Cigarette』:監督/脚本:小林達夫、プロデューサー:鈴木徳至、撮影:槇 憲治、照明:田上直人、録音:川井崇満

『SHE/LL』:監督:佐津川愛美、撮影監督:小島裕介、撮影監督:中瀬 慧、音楽:天川太陽、音楽:Hegira Moya

『渦』:監督/脚本:竹内里紗、脚本:大石恵美、撮影監督:松島翔平、照明:城田 柾、録音:川神正照

『ザ・パーフェクト・グレイ』:監督:堤 裕介、脚本:原田修平、照明:佐々木勝己、音楽:小笠 藍

『LOCAL RULE』:監督:二宮 健、撮影監督:山本翔太、照明:田上直人

『ハルオ』:監督:前野朋哉、脚本:水野祐介、撮影監督:谷 康生、録音:根本飛鳥、衣装:米村和晃:

『過ぎて行け、延滞10代』:監督:松本花奈、プロデューサー:雨無麻友子、脚本:小寺和久、撮影監督:奥山大史、音楽:ザ・ラヂオカセッツ

『永遠の少女』:監督/脚本/:安川有果、プロデューサー:青木基晃、撮影/照明:倉本光佑、録音:日下部雅也、音楽:小野川浩幸、主題歌:泉まくら

『SUMMER KIDS』:監督:渡辺大知、プロデューサー/録音:磯 龍介、撮影監督:中里龍造、照明:芳賀陽平、制作:上山まい
ウェブサイト
(英語字幕なし) | 年 |
◎先行抽選販売
★1回のお申し込みにつき2枚まで(お席の指定は出来ません)
9月27日(水)昼12:00〜10月3日(火)午後13:00
『鋼の錬金術師』(オープニング作品)
『泥棒役者』(特別招待作品)
『イスマエルの亡霊たち』(ワールド・フォーカス)
 
 
◎一般販売
★部門別での販売開始となります
※先行抽選販売の3作品につきましては10月14日・15日の一般販売はございません。
10月14日(土)
昼12:00〜
アジアの未来・CROSSCUT ASIA・企画上映 部門の作品
夕方16:00〜 
コンペティション・Japan Now・日本映画クラシックス 部門の作品
10月15日(日)
昼12:00〜
日本映画スプラッシュ・ワールドフォーカス・ユース 部門の作品
夕方16:00〜
特別招待作品・特別上映 の作品
東京国際映画祭Online Ticket
上記の時間にてインターネット受付にてチケット販売開始
・スマートフォン/タブレット/PCから購入可能
受付期間:
・10月14日(土)昼12:00(各部門毎に随時販売開始)~11月3日(金・祝)最終上映開始後20分まで
TIFFチケットセンター チケット販売窓口
10月25日(水)朝9:30〜
TIFFチケットセンター チケット販売窓口(六本木ヒルズ2F 大屋根プラザ)にて販売開始
受付期間:
・10月25日(水)~11月3日(金・祝)各日 朝9:30~六本木会場での最終上映開始後20分まで購入可能
・オールナイト上映チケット販売はTIFFチケットセンター終了後は劇場内臨時チケット販売窓口で販売いたします(現金のみ対応)。
・販売中のすべての日程のチケット(EXシアター会場を含む)をご購入いただけます。
※東京国際映画祭Online Ticket、TIFFチケットセンター チケット販売窓口では歌舞伎座・東京国際フォーラム会場などのチケット販売は行っておりません。
オフィシャルパートナー